オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

資格を取得に向けて

授業

社会福祉士になる人は、お年寄りや身体障害者などの福祉に関する相談や援助を行う仕事に就く人は多いです。
社会福祉施設の指導員や社会福祉協議会の職員または、公的機関のケースワーカーなど活躍する職場は幅広いです。
福祉の中心的役割を担う専門家として、社会福祉士の資格を持っていると就職には有利であります。
社会福祉士の資格を取るためには最終的には国家試験に通らなければならず、最短のルートで資格を習得するのであれば福祉系の学校に進学のがよいでしょう。
その中でも福祉系の大学に進み、指定科目を履修して、卒業後に社会福祉士の国家試験を受けるのが近道であります。

また、短大や専門学校で学んだあと、指定施設で1~2年以上相談援助の業務に従事することで国家試験を受けると社会福祉士の資格を習得できます。
福祉系の学校はいろいろとあるので、自分が学校でどんな勉強をしたいか、社会福祉士の資格の取得に熱心な学校を選ぶなどして、進学先を決めていくことがよいでしょう。

社会福祉士になる方法

社会福祉士とは関連する専門知識と技術を身につけ、身体・精神上に障害がある人が日常生活を支障なく送れるように、相談・助言・指導・援助を行うことが主な業務内容となっている国家資格です。
働く場は、行政・障害者福祉・保健・医療・高齢者福祉・児童・家庭福祉・福祉サービス民間企業と幅広く、少子高齢化が進む昨今ではニーズは高まっていますが不足しているのが現状です。
社会福祉士になるためには、まずは試験に合格することです。
受験するために必要な資格がありますので、自分が資格を満たしているか事前に確認しておく必要があります。
試験の合格率は25%前後と難易度は高めになっています。
試験合格への一番の近道は福祉系の大学や専門学校・養成学校で学ぶことが一番の近道となっています。
資格取得へのコツや勉強法はもちろん、就職活動への支援・サポートも充実しているためです。
中には仕事をしながら勉強をしたいという人もいますが、そのような人には通信制大学もあります。
自宅学習・スクーリング・実習という方法で学び、スクーリングの日程は短期間であったり週末であったりと仕事を持っている人でも無理なく学ぶことができるようプランニングしてあります。

    学校

    社会福祉士の仕事

    社会福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法によって位置づけられた、社会福祉業務に携わる人のことです。主な仕事は...

    Readmore
    福祉士と子供

    試験をうける資格

    上記では、福祉系の大学への進学が近道と述べましたが、国家試験を受けられる方法はそのほかにもあります。福祉系の短...

    Readmore
    福祉士

    必要な資格

    社会福祉士は、高齢者や身体障害者などの福祉に関する相談や援助を行う仕事です。社会福祉施設の指導員、社会福祉協議...

    Readmore
    授業

    資格を取得に向けて

    社会福祉士になる人は、お年寄りや身体障害者などの福祉に関する相談や援助を行う仕事に就く人は多いです。社会福祉施...

    Readmore